高田 竜次

“ただ収益を上げるだけ”のサービスを撤廃し、人間本来の本質的な部分”にアプローチしたい

高田 竜次

ゼネラルマネージャー
2018年入社

卒業後、マーケティングを学び自らIT法人を立ち上げる。EC運営に合わせ自社ブランドを企画・販売すると共に、クラウドソーシングのリーディングカンパニーとアライアンス、PM代行を行う。その経験より某大手クラウドソーシング運営に参画し「フリーランスの組織化」というソリューションにて業務分解、BPOプロジェクトのPMを行い様々な実績を残す。創業期から上場までの複数回の経験を生かし、新たなステップを歩むためモンリッチに参画。企業のグロースを牽引する。

ユーザーにExperianceを与えられるサービスを構築する側へ ユーザーにExperianceを与えられるサービスを構築する側へ

ユーザーにExperianceを与えられるサービスを構築する側へ

過去クラウドソーシングを利用した大規模なメディアオペレーションに参画することが多くありました。自身がディレクターとして立ったメディアは100を超えると思います。中には絶大な効果を上げるが、”ユーザーの声を無視し収益を欲するだけの存在”に携わることも多くありました。

自身がディレクターとして旺盛と衰退を眼前で見てきた中で、とあることを肌身に感じました。ユーザーに対して「感動・喜び・発見となる体験」を与えるもの以外はどんなに資本投下をした所で一時的に収益はあっても、結論「意味がない」のです。ただKPIを追う運営側の苦しみや、ユーザーの体験の無視を眼前で見て、むしろ淘汰されるべきであると感じました。

モンリッチが掲げるテーマの一つは、カスタマーの直の定性感情。つまりユーザーのExperiance(体験)そのもの。本来は埋もれてしまう声を元に、そもそものMISSIONを社会に提案すること自体が業務内容。今までの見てきた苦しみや悲しみを踏まえ、今度は自身が喜びとか楽しみを構築する立場になるべく参画しました。

ITの力による感情可視化と仮説・検証・立案のブレークスルー ITの力による感情可視化と仮説・検証・立案のブレークスルー

ITの力による感情可視化と仮説・検証・立案のブレークスルー

前途のディレクター業務の中で、社外コンサルタントやクライアント内で策定した仮説が “机上の空論” や “空虚” であることを垣間見る瞬間がありました。一流のコンサルが仮説、検証、立案、実行、確かに聞こえは良いですが、フレームワークに当てはめるだけでユーザーの能動的で自然発生的な動きまでは、なかなか捉えられません。

コンサルティングはクローズドな世界で独りよがりになってはいないでしょうか。果たしてユーザーの声はどこへ行ったのか。今はITの力が進化している。感情は可視化できます。PDCAでなくOODA。僕は従来のコンサルティング業界をITの力で大きくブレイクスルーしようと思っています。

ユーザーも、自身も、会社も、すべての全体最適化を目指す

心に残る顧客体験を与えるには、与える組織が一丸でなければなりません。「組織の幸せ = 顧客の幸せ」 と表裏一体である部分を見てきました。ほとんどのパターンで、どこか一つの部署やフェーズが改善するだけで全体の課題は解決しない。 今の時代、それぞれの部署が、それぞれの会社が、それぞれの個人が、それぞれ目標を奪い合う時代はもう終わりだと思っています。部署間の垣根はなく、場合によっては会社の壁も超え、正社員非正規の壁も超える必要がある。 サービスを介し、あるべき人があるべき位置で既存の枠組みを超え「全方面の全体最適化」をすることも一つの目的です。
実は自分はパラレルワーカー。自分でも1つ法人を持ってEC運営とブランドの企画や販売をしています。 実は自分はパラレルワーカー。自分でも1つ法人を持ってEC運営とブランドの企画や販売をしています。

実は自分はパラレルワーカー。自分でも1つ法人を持ってEC運営とブランドの企画や販売をしています。

ちっちゃく楽しく事業をやっていておじいちゃんになっても続けようかな、と思っている1つです。また、10代から格闘技をしています。プロで総合格闘技、キックボクシングなどの試合も行っています。得意技は死角からのハイキック。思えば仕事と並行しながら10年。ずいぶんエキサイティングな10年でを過ごしていると思います。人生ってお金だけじゃないと思うんです。人生1回なので、自身が誰よりもExperienceを経験したいと思う人間なんだと思います。